無垢材のテレビボードを選ぶ場合

無垢材を使用したテレビボードは、合板や集成材で出来たものに比べると高価になりますが、丈夫で長持ちする上に、天然の木ならではの風合いと長年使用しても飽きが来ないのが魅力です。また、あたたかみや肌触り、全く同じ物がないというのも無垢ならではと言えます。一般的には、アルダーやウォールナット、パイン材などが良く見られますが、その他にもタモやナラ、チェリーなど多くの種類があります。無垢のテレビボードを選ぶ際には、和室や洋室など部屋のスタイルで選んだり、人気の北欧調や、落ち着いた和風モダン、自然で明るいナチュラルスタイルなど、好みのインテリアスタイルから選ぶのも良いでしょう。また、フローリングや部屋のドア、チェストやテーブルなどと合わせる事によって、より一層おしゃれな生活空間を演出してくれることでしょう。

意外な主役のテレビボードは無垢素材で

リビングは、基本は住んでいる家族が快適にリラックス出来る空間を作り出す事が大事ですが、リビングって家族だけではなくお客様を案内するいわばその家の顔的役割を果たします。玄関先が一番の顔ですが、次に続く大事な要となる場所だと言っても良いでしょう。ですから他の部屋はともかく、リビングだけはキレイに整理整頓して、家具などもなるべく上質で良い物を揃えて置きたいです。ソファなどは子供が小さいと飛んだり跳ねたり落書きだってされる可能性がありますが、テレビボードやローテーブルなどは上質な無垢素材の家具を選んでいたとしても、傷や多少の落書きなら、ちゃんと味として経年変化していってくれるでしょうから、がんばって良い物を購入して、一生かけて大事に育てて行くのも十分ありです。意外とテレビボードってお客様に目が行くアイテムですから、ぜひおすすめです。

無垢材のテレビボードの魅力

リビングは家族が集まる大切な場所です。必ずと言っていい程テレビが置いてあります。このテレビを置くテレビボードはリビングのインテリアの中心的存在となります。可能であれば、出来るだけ上質なテレビボードを選ぶとお部屋全体がセンスの良い高級感を出す事が出来ます。無垢材の家具とは、天然木を使用した家具で温かみや独特の高級感を出してくれる魅力があります。また丈夫でインテリアとして馴染みやすいという特徴があります。最近は無垢材のテレビボードを選ぶ家庭も多く、色々な種類の製品が販売されています。大きさなども色々あります。通販で購入する事も出来ますので、手軽に無垢材のテレビボードを購入する事が出来ます。大きく分けるとロータイプの商品とハイタイプの商品があります。テレビの画面が大きい場合は、ロータイプの商品を選ぶ必要があります。

商品数が豊富な為、フルコーディネートが可能です。 既製品とは異なり、上質な質感と機能性を持ち、ライフスタイルに合わせた豊富なサイズをご用意しています。 金具を使わずに組み込み、しなやかな曲面で削り出した「さすり仕上げ」の取手が特徴です。 精巧な作りは「一生もの」としての価値を高めます。 テレビボードの依頼は無垢家具の取扱店「家具蔵」!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)